素晴らしき哉

散々他の人達が言っている事なので、今更おれが言う必要もないのだが、

90年代生まれ以降の若いバンドってセンスがいい。

 

しかも新しいミュージシャンが取り上げられる毎に、それまでの驚きをさらに上塗りされるような心地となる。ホント毎度期待裏切られない。

自分は80年代生まれのオッサンもオッサンなのだが、中高生の時にyoutubeやi tunesがある世代が時折羨ましくなる時がある。

 

今日もそんな感じで、最近結成されたらしいバンドのデビュー音源を聴いた。

勿論そのバンドの音楽もそれはそれはすばらしかった。

年齢は知らんが、多分彼等も90年代生まれだと思う。

 

だけど、それ以前に聴いた90年代生まれのミュージシャンを聴いて感じたような羨ましさは何故か感じなかった。

むしろ、そういう羨ましさが綺麗さっぱり無くなった。

 

何故だろう?

 

あまり自然とそういう気持ちに導かれたので、はっきりとした理由は定かでないし、妙に深層心理を追及しようとも思わんが、多分そういう気持ちになったのは、

 

彼等がこの2017年に奏でた音楽は、まさにおれが10年前の彼等くらいの歳の時にやりたかったけど(実力不足、またはメンバーを総括しきれなかった事から)、具現化出来なかった音楽の完成系だったからだと思う。

 

それがなぜ、若い世代への嫉妬が無くなるんだ? 逆じゃないのか? と言われたら確かにそうだと思うし、自分でもよく分からんが何故か無くなったとしか言いようがない。

 

でもひとつ言えるのは、彼等の音楽に、理屈抜きで価値観を変化させる何かがあったのだと思う。

いつしか妙に堅物になって、色々考えながら音楽を聴くようになったけれど、元々音楽聴きだした頃は、レジェンド達の音楽によって、理屈抜きでおれの価値観は更新されていった。

おれにとってのロックとは本来そういうものであって、それが全てである。

 

オッサンはオッサンなりに自分の生まれた時代に誇りを持って、前向きに、強気に生きながら、好きな音楽を作っていこうと思った。

 

誰かの価値感を動かしたいなんておこがましい事は思わんが、下や後ろを向いている人、あるいは目を閉じている人たちが、前に進めるキッカケになるような音楽を作れたら、それ以上に幸せな事はない。

情報との付き合い方

読書習慣が少しずつ戻りつつある。

キッカケは未読のままにしている大量の本。

処分する前に読んでしまおうという考えからである。

 

読書量が多いからといって、頭が良くなる事も収入があがる事もない。

馬鹿はいくら本を読んでも基本馬鹿のままだと思う。

 

でもやっぱり考える上で、様々な引き出しや情報を持っていた方が選択肢は確実に増える。無知は恥を超えて、むしろ無知は罪だと思っている。

 

だけど、情報の本質を掴めないまま、勘違いした知識をひけらかしたり、情報を鵜呑みにするのは違っていて、それこそが馬鹿の行動パターンである。

 

面倒くさいけど、ひとつひとつ丁寧に情報を入れながら、自分の頭で考えないと意味がない。

それをしない読書をするなら漫画読んだ方がよっぽどためになる。

 

情報ついでに、今月いっぱいで一度アップルミュージックも辞めてみようと思う。

半年くらいを目途にして、また復活する予定ではあるが、既に所有している音楽と今一度丁寧に向き合うつもりである。

 

音楽は一曲に詰め込まれている情報だけでも物凄いものである。

それにもかかわらず、月額1000円足らずで世界中の色んな音楽が聴けるとなると、一曲に費やする時間が自ずと短くなってしまう。

 

これまで散々量を入れてきたので、ここいらで質、というかひとつひとつの情報を理解していく事に努めようという事である。

 

膨大な情報に翻弄されないように、自分に合った付き合い方を見つけていかなきゃね。

 

大人になれば

こうも生活が単調化するのか、と。

 

多分おれがまだ高校生や大学生だったら、こういうブログも変化があってちょっとは面白いのだろうけれど、残念ながら実際には毎日同じ会社に行って、家に帰ればひたすら「あ~今日も曲出来なかったな~」ってへこむ日々である訳で。

こうも単調であってはどう頑張ってアレンジしたところで面白おかしく表現するには限界がある。

 

しかも生活を単調にすればする程、マジで時間の流れが早くなる。何もしなくても同じ空間にいると早くなるし病む。危険。

病まない為にも、生活にはちょっとした変化をつけよう。

そしてなるべく質の良い新鮮な情報を取り入れよう。これ本当に大事。

 

うまくいかなくても何かに夢中になれるのは幸せな事なのだろうな。

だけどうまくいけばもっと幸せなのには違いがない。

だから我々は悩みながらもトライ&エラーを繰り返して、突き進んでいくしかないのだ。

フェイクニュース

西田敏行さんに関するガセネタを流しまくった人たちが逮捕された、というニュースを読んだ。

headlines.yahoo.co.jp

「人の興味を引くような記事を掲載し閲覧数を伸ばし広告収入を増やしたかった」

と供述しているらしいが、そんなセコい事やめろよ、って心底思って胸糞悪くなった。

 

いくら儲かるのか知らんが一人の人間を事実無根の誹謗中傷で苦しめて稼いだ金を手にして嬉しいのだろうか。

 

これは別に今回の人たちの限った事ではなく、ところかまわず芸能人のプライバシーだなんだを流しまくったり、親族がまず言うべき事を先に報道してしまうモラルの無いマスコミや、何でもかんでもテレビで言ってしまう一部の芸能リポーターなんかにも近い事を思う。

 

ただでさえものすごい情報量が増えてる世の中なのに、これ以上ゴミ情報増やさないで欲しい。

 

ぶっちゃけおれは芸能人のプライバシーだなんだなんて、小学校低学年の子たちが「何組の〇〇が学校でうんこしてたらしい」と同レベルのどうでもいい話だと思ってる。

 

それに反応してしまう大衆も思わず反応してしまうから、そういう質の悪い情報を流す人達が飯を食えている事実を意識してほしい。質の悪い情報が日本の未来を蝕んで、少なからず我々の首を絞めている事を想像して欲しい。

 

情報を流す側の人たちも、本当に腕のある物書きであれば、些細な話題であれ人の目につくような文章書けると思うし、たとえ腕がない物書きであっても、一生懸命気持ちを込めて書いた文章であれば確実に人の心に伝わると思う。

 

文章を書くのが好きだ、とか、自分の情報で世の中変えたい、と思った事があって何かしらのモノを書いている人は、何のために自分は文章を書いているのか? っていう事を今一度見つめなおして欲しい。

2017年に入ってみたもの④

7/1 山下達郎 @神戸国際会館

 

もう、何もかも本当に最高すぎた。

今年64歳になったらしいが、声が出る出る。

いまだに曲のキー下げてないらしい。

 

アンコールでの「RIDE ON TIME」の最後、噂には聞いていたが、

ステージの最後尾まで下がって地声でホール響かすのヤバかった。

そして、そこからのシュガーベイブの「DAWN TOWN」で締め。

 

往年の有名曲から初期のナンバー、そしてアカ・ペラまで、、、

 

全てが神がかってた。

歌も素晴らしいし、声もごっついけど、カッティングもうまかった。鮮やか。

 

ビーチボーイズから最も影響受けているのは有名な話だけれど、

ライブで観たら、それがものすごく分かった。

 

山下達郎のこれまでのアルバムは勿論、ビーチボーイズはじめ

アメリカンポップスもういっかいちゃんと丁寧に勉強し直そうと思った。

 

来年もツアーやってほしいなぁ。絶対また行く。

 

 

2017年上半期のふり返り。

本日で2017年も半分が終わり。早い。

ブログを始めた(正しくは再開)したのが2ヶ月半前。

 

一日一日では変化が無くても、まとめて過去の文章見たら実はものすげー変化を実感できるんじゃないかって思ったけれど、2ヶ月半前のブログ見ても大して何も変わってなかった。まあこんなものか。

 

自分のライブ活動はあまりやれていない。(半年でソロライブを僅か2本)

今後の予定は決まっていない。てゆーか新しい曲全然出来ていない。

下半期は曲をいい曲たくさん作って、出来たらアルバム作って、来年はライブをたくさんしたい(願望)

 

まあしかし、現実問題お客さんがあまりにも少ない状況でライブするのって、終わった後に、今日は何の意味があったんやろう感が半端ないので、ライブするならするで何か知恵出さないかんよなって年甲斐にもなく思う。

 

やる側としての成果はボチボチだが、観る方としてはまあまあ良いペースで

いいものが観れている。

10月、コーネリアスとNONAMEマジで観てえ。

 

アップルミュージックのおかげで、最新の音楽もちゃんと聴けているし、

過去に財布事情で我慢したアルバムなんかも聴けるので、今年に入ってから既に60枚弱のアルバム数聴けている。でも本当に気に入ったやつは出来れば新譜で買いたい。

ライブに足運ぶ以外にも、アーティストに対してのリスペクトを兼ねた還元って大事だと思う。

そう心から思えるくらい私も歳をとった。

 

何はともあれ、下半期も健康でそれなりに頑張っていきたい。

鉄は熱いうちに打つ

前回はendzweckの上杉さんから受けた衝撃をそのまま書いた。

 

けれど受けた衝撃をそのままにしておくと、やがて徐々に衝撃も薄れていって、

数年後に同じことを他人から言われた時には「そんなのとっくに知ってるよ」なんつって、頭だけで心では理解していない不実行のオッサンになってしまうのが定番のパターンなので、思い立ったが吉日。翌日、さっそく不安たるものを20個とりあえず書いてみた。

 

20という数字に特に重要な意味はないが、ある程度絞り出さないと出てこない程度の数を考えたところ、まあ20くらいが妥当だろうと、そんな感じ。

 

①不安を明確にする。(コントロールする。)

おれの現状の不安たる項目

 

1.納得のいく曲が作れない。いい曲作りたい

2.時間を上手くつかえていない

3.楽器が下手

4.音楽理論に乏しい

5.DTMが下手

6.楽器の各パートに対する知識が足りない

7.機材をもっと充実させたい

8.いい服欲しい。見た目を最大限よく見せるようなお洒落でかつ歳的にやらしくないの

9.いい部屋住みたい

10.バカにされたくない

11.収入が少なめ

12.結婚・子供の事

13.老後の生活費(年金どうなるんだ?)

14.(いずれ)親の介護の問題

15.身内の借金なんとかしてやりたい

16.バンドメンバーが揃わない

17.現在ライブやってもお客さん少ない

18.バンド編成で達成感あるライブしたい

19.全国流通の音源リリースしたい

20.全国ツアー回りたい

 

文字起こしするだけで、自分の考えている事って結構わかっているようで分かっていない事に気づくので、定期的にやろうと思った。

 

ここでコントロールできない問題は捨てて、コントロールできる問題に注力する、とのことだが、おれは普段からどうしようもない事は悩まない性質なので、

出た不安のどれもが(がんばれば)自分でコントロール可能な範囲の問題だった。

 

カテゴリは、時間がかかるもの、やろうと思えば割と早くに対処出来そうなもの、物質的なもの、金、など努力すべきポイントが共通しているもの同士で分けてみた。

 

んで、考えるまでもなかったが、おれの中で最も引っかかっている問題は、

1.納得のいく曲が作れない。いい曲作りたい

であって、

 

2.時間を上手くつかえていない

3.楽器が下手

4.音楽理論に乏しい

5.DTMが下手

6.楽器の各パートに対する知識が足りない

 

とかも、いい曲をかくためには、あれもこれも頑張った方がいいんじゃないか、、、っていう1の不安から派生したものという事があらためて分かる。

つまるところ、いい曲が書けさえすれば、別に2~6のどれもそんなに重要じゃないなという事。(3に関しては、上手いにこした事はないし、ライブをすぐにするとなれば別だが、現状はそんなに問題ではない)

 

ここまでで、ぼんやりとした不安から逃れる事が出来る。

 

そんで次におれがとりかかったのは、1の不安の分析である。たとえばこんな風に。

 

「納得のいく曲が作れない。いい曲作りたい」という問題の対処

 

●「なぜ作れないのか?」と自問自答。

 

作れない理由1:

作業しようと思っても、気分が乗るまでだらだらと(あまり身につかない)楽器練習をはじめてしまう。やりはじめるまでが結構面倒くさい。

 

作れない理由1の対処法:

とりあえず部屋に入ったらまずパソコンを起動させてDTMソフト立ち上げて、モニターの前に座る。

 

作れない理由2:

集中力が続かない。

 

作れない理由2の対処法:

最低1時間は頑張って続けてみる。それでも無理なら休憩はさむ。筋トレする。

 

作れない理由3:

飽きる。各パートに対する知識が乏しいので、なかなかイメージ通りに具現化できず、手探りでやっているうちに飽きる。進まんし時間の無駄かな、楽器練習した方が有益かな? ってなって楽器を触ってしまう。

 

作れない理由3の対処法:

 あくまでも良い曲を作る事が一番の目的なので、どうにかしてイメージを具体化する努力を最優先する。とりあえず考える前にダーッとやってしまう。

方法論を探す。ググる。突き止める。

そんなもやもやした状態で楽器練習してもあんま身に付かん事が多いので、それでも練習する時は目的をもって練習する。

 

作れない理由4:

引き出しが少ない

 

作れない理由4の対処法:

時間を決めて、他の楽曲をDTMでコピーしてみる。それもリズム隊の絡みに注目するとか目的もって。

 

作れない理由5:

すぐいき詰まる

 

作れない理由5の対処法:

最低構成くらいは決める。方向性定めてから作る。

 

・・・こんな感じでやってみたら頭ん中、かなり整理された(気がする)

こういうのきっちりやれていれば、ぼんやりとした不安、妙な強迫観念に

悩まされるのも減るかな、って思った。

 

とりあえずどんな手つかってもいいから100曲作ろう。

頑張ります。