re:

転換期が訪れそうである。

決して好転する訳ではない。

 

まあ何を考えたって、結局のところ人生なるようにしかなんない。

 

何事にも結果を求めすぎず、かといって閉鎖的にならず、ほどほどに頑張りたいと思う。プロセスを楽しむ。

出来る限り自然体で生きる。自分の本心に耳を傾ける。

 

結局、外的要因ってそんなに大した問題じゃない(気がする)。

自分が幸と感じるか不幸と感じるかは、自分の主観である。

そこに他人の状況を介入させるのは違う。金の価値も違う。

自分を活かすも殺すも自分次第である。

 

いまで約半年ほど続いているブログ。どうも思考が同じようなところを堂々巡りしている事に気づいた。気を抜くと同じような事を書いてしまっているのである。

 

同じ事をするだけではなく、同じ事ばっか考えてりゃそりゃ時間の経過も早く感じるわなっていう。

 

適度に、自分にとって意味のある本も読もう。

 

以上、覚えておきたい思考リスト。

幸福について

おれには夢がある 両手じゃ抱えきれない~

おれには夢がある ドキドキするような~

 

って、ハタチくらいまでならまだしも、二十代半ばを過ぎると

それを口にするだけで、周りからは冷たい目で見られるっつう。

 

けれど、妄想するだけなら別に誰に迷惑かける訳でもねーだろって事で

おれは今日も妄想している。

 

そしてふと我に返った時、現実とのギャップにものすごく虚しくなってしまったりしている。

 

人間、例えば今の職を失ったり、全財産無くなったとしても、その気になれば、自分とパートナーを食わしていくぐらいは何とかなるものである。少なくともこの日本ではちゃんとやれば餓死する事はない。金遣わなくてもナンボでも楽しい事だってある。

 

にもかかわらず、何かしら不満を探してしまう。

自分の理想とする場所に立っている人間を見て嫉妬してしまう。

 

本当の幸福は自分の中にあるっていう話は多分本当だ。

いまのおれは懐に何十億円という大金が転がりこんできたところで、また不満を探してしまうだろう。

 

どうやら、欲望にも減量が必要らしい。

 

減量について

太った。

 

1年前から比較すると8キロ増量、過去最高体重を更新である。

 

もともと痩せ型体型で、いくら食おうが、痩せる事はあっても太る事はなかったので、

相当なショックだった。

以前は割れていた腹も少し出てきて、10年くらい履き続けていたスキニーはおろか、昨年買ったスーツさえパッツパツになっていて、これはマジでやべえな、と。

 

とまあ、ショックを受けていたところで何もならないので、さっそく減量する事に決めた。

(ちなみに以前1日1食とりくんでいたけれど、数日後に起きた激しい頭痛などの為に割と早い段階でやめました。)

 

痩せようと思った1日目は既に夜で、結構な量の飯食っちゃっていたので、

(豚カツ、ごはん3杯、味噌汁、キャベツ)筋トレだけはじめた。

筋トレはとりあえず腹まわりがキテたので、ベタに腹筋をじっくり100回ほどやった。

 

2日目から徐々に食事を落としていって、肉は一切摂らず、一週間かけて炭水化物をほぼゼロにした。

そんで筋トレは腹筋をじっくり20回×3セットとスクワットをじっくりと12回×3セットを一週間続けた。

 

そしたら一週間で2キロの減量に成功した。

(体重というのはその時水分摂っているか否かで相当変わってくるので、計測時はある程度水分を補給した状態で計測するようにしている)

 

んで、肉でも赤身の部分であればあんまり太らんらしい事を知ったのと、あまり極端に肉食わないのも身体にどうだろ? って感じだったので、

うまく減量に成功している自分への褒美を兼ねて、昨日は肉屋で国内産のランプステーキ肉を買って、自分で焼いて食った。

その際、米は食わず、茹でたブロッコリーとトマトのサラダと合わせて食った。

ものすごい美味かった。

 

しかも減ったのは体重だけではなく、糖質制限しようと思ったら、どうしても外食ではなく自炊する他なくなり、財布もなかなか減らないのである。

 

なにはともあれ結構楽しんでいる。

 

どうやら減量には体重が減らない期間というものがあるらしく、1年前の体重に戻すのは決して楽なものではないだろうけれど、とりあえず3ヶ月くらいを目処にあと5キロ痩せれたらいいなと思っている。

 

普通を保つ

慣れはよくない。

色々と恵まれている事でも、それが延々を続けば当たり前だと思ってしまう愚かさ。

失ってからでは遅いのである。

 

あと欲望。

向上心の為の欲は必要だが、それが過剰になってしまっては身を滅ぼす事も。

やはり感謝は必要である。

 

が、しかしいくら感謝しても、その気持ちを踏みにじられるような出来事が時としてやってくる。

 

だからあまり感謝もしすぎない、あまり何かを過剰に信用しない、過剰な期待をしない、という気持ちも必要。

 

しかし信用しすぎないのも寂しいし、息苦しくなるので、何事もほどほどに。

 

・・・これまでの人生で学んだ教訓である。

分かっていながら、その場の欲望にとらわれて見失ってしまう事もあるが、

平静さを保つ事って本当に大切だとつくづく思う。

 

 

結局のところ、運なのか?

と、元も子もない事をたまに考えてしまう時がある。

 

考えたってしょうがないし、もやもやするだけだし、時間の無駄っていう事は分かっているけれど。

 

圧倒的な天災や人災、疾病などを直視すると、人間って何の為に生まれたんだろう? って思ってしまう。

 

反対に、恐ろしいくらいに強運な人とか見てしまうと、つくづく世の中不公平だなって思ってしまう。

 

ま、だからって自分にはどうする事も出来ないけれど、そういう風に感じれるのも弱者の立場であるからこそ。

きっと自分が強者であったらば、そんな事これっぽっちも感じる事はないだろう。

 

そういった弱者であるからこそ感じれる事を、感謝しつつも世の中に還元していきたい。

 

以上、そんな夏のサイテーなボヤキである。

 

雑記2

RODEのNT5というコンデンサーマイクを買った。

中古(美品)をハードオフにて2万とちょい。

 

元々2~3か月前にsound houseで見てた頃には¥26800(税別)だったので、

それこそボーナス入ったら買おうなんて思ってたら、ボーナス時期になって

その価格は¥39800(税別)となっていたので一気に買う気が失せてしまったので、やめた。(というか、コンデンサーマイク自体が全体的に値上がりしているようだ)

 

機材に相応しい腕もつけなきゃと思うと同時に、良質な楽曲を生まなきゃなって思う。

 

昔は、同じようなギターを何本も買うギタリストとかアホやなーって思っていたけど、最近少し気持ちが分かってきた。(さすがにそんな事までしようとは思わんが)

 

アレンジの勉強兼ねて有名ポップスをDTMでカバーしたり、ジョアン・ジルベルトの譜を練習(めっちゃ難しい)しはじめたりしている。

 

なんとも中学生の夏休みを過ごしているような恥ずかしい気持ちにもなる事もあるし、あの時期にもっと何かしら楽器をはじめてりゃなって、真面目に練習してたらなって考えても仕方ない事をつらつら考えてしまう事もあるけれど、なんだかんだ言っておれは今の自分の生活を結構気にいっているし、いまの瞬間だけでもそうやって生きていけているのは、割と素晴らしい事なんじゃないかなって思ったりもする。

 

そもそもあと30年とか早く生まれてたら、今の自分の年齢でこんな安価に宅録なんか出来んかった訳やし。

 

雑記(記憶のための近況)

8/3 仕事。やっぱシガーロス見に行っときゃよかった、と後悔する。

   夜はテキトーに入った焼肉店で肉食う。値段は普通。美味かった

 

8/5 早朝から手伝いなど雑務で長い1日を過ごす。夜は何年ぶりかの花火を

   見に行った。とにかく暑かったけど、綺麗だった。

   若者を見ると、自分は歳とったな、とつくづく思う。

 

8/8 朝から買い物。といっても消耗品(インナーシャツ類など)や、

   止まった腕時計の修理などを購入。

   DTM用のケーブルを新しく購入。心なしか音が良くなった気がする。

   飯、病院の診察料含め、久々に1日で1万以上遣う。

   現金でこのような金額を遣うのは正月のバーゲンで服買った以来か。

   夏前にもシャツ一枚買ったけど、たかだか4~5千のシャツ買うのに

   結構渋ってしまった。1日千円やそこらで生活する事はいい事だが、

   金を遣う事に罪の意識を覚えるのはどうかと思う。

   (かといってamazonやらサウンドハウスなどのクレジットでの買い物を

   無意識的にしてしまうのも考えものである)

 

8/9 一時間4500円ものマッサージを受ける。

         連日金遣い過ぎた事により前日同様罪悪感に襲われる。

 

(その他)

DTMでとある楽曲をコピーしているが、2週間近くかかってようやくほぼほぼ完了。

うまくなっているかは微妙なところだが、操作が早くなったり、譜面読むのが早くなった(気がする)もうちょいめげずに続けてみようと思う今日この頃である